警備員ってどんな種類があるの?仕事は危険?警備バイトの実態について

警備業務は大きく分けて3つある

警備員の業務は大別すると3つあります。

まず最初に施設警備。オフィスや工場、商業施設などで不審者の侵入を監視する仕事です。基本的に施設が稼働していない夜間に警備を行ないます。基本的には決まった時間に見回りをするほかは、監視カメラやセンサーなどが異常を検知した場合に現場の確認を行なうのが主な業務です。

次に催事警備。花火大会やコンサートなど、大勢の人が参加するイベントなどで、立ち入り禁止区域に部外者が入らないように監視します。また、入退場者の誘導も業務の一つです。最後に、交通誘導警備。工事現場の車線規制や、大型ショッピングモールなどの車や人の出入りが多い場所で、安全を保つために誘導を行ないます。

いずれも、資産や人の安全を守る大事な仕事です。

警備の仕事は危険?実際の状況は?

不審者や部外者の侵入を監視したり、ドライバーにゴー・ストップの指示をする警備員は、危険できつい仕事なのでしょうか?

確かに業務内容だけを聞くと、犯罪者と遭遇して危険な目にあったり、ドライバーとトラブルになる可能性がありそうですが、アルバイト警備員の場合、そういうケースは殆どありません。何故なら、警備員は監視や誘導が仕事であり、不審者の確保や撃退は業務の範囲外だからです。万が一、不審者の侵入を見つけた場合、警察や社員の警備員へ通報するまでが仕事になります。また、交通誘導警備でドライバーとトラブルになった場合も、現場の責任者の指示を仰ぐことになるので、安心です。

シフトについても、警備の業務は無人の状態を防ぐため、充分な要員を確保する場合が殆どで、休憩もきちんととれるようになっています。興味のある人は是非、チャレンジしてみましょう。

警備員のバイトといえは、立ち仕事できついなど、ネガティブなイメージを持つ方も多いですが、意外と短時間で高収入なアルバイトです。また、会話することも少なく、コミュニケーションが苦手な方にもおススメです。